7月, 2017

投げない回避って

アメリカメジャーリーグで今シーズンから申告して遠慮四球(投げない遠慮)を導入する事が発表された。
いかなることかというと、遠慮の申出でをすれば投球せずにその打者を遠慮四球にすることができるという原則です。肩はディスポーザブルという発想ですメジャーリーグであるので、ある意味「らしき」原則の組み込みと言えるのだが、日本の名人野球も導入するのではないかと注目されている。
メジャーリーグ導入後に日本の名人野球で導入されたルールとしては去年導入された衝突原則(コリジョンルール)が有名であるが、こういう原則も組み込み直後に原則が不確かために陽気途中で一部分変更陥る事例となった。
日本ではアメリカのように肩はディスポーザブルという方針はなく、また偉人のクロマティや阪神の新庄のように遠慮の球を打ってサヨナラ命中にしたタイミングもある。またこういう4球放る日にちの次のバッターのメンタリティといったドラマも存在する。たかが4球、だけど4球ではあるが野球気違いとしてはどうしてもむだとは思えないのではなかろうか?
こういう投げない遠慮についても安易に右側から左側のように組み込みせずにまずは敢然とネゴシエイション頂きたい。因みに見解は将来的には何とも言えないが、せめて現状では組み込み不要という。
意外にこどもの泣き声がわかる住宅
先日、郵便受けをいくって住宅の調整法人から全戸に配分されたって見て取れる指導書き執筆がありました。
それには、ちびっこが騒いでそれを怒鳴る主張がミッドナイト、早朝に聞こえて非常に気がかりだという不服があるという売り物でした。
ですから、少なくとも幼児が泣いたら窓を閉めるとか意識してくださいと書いてあり、果たしてそうとしてしまいました。
マイホームなんかは、幼児が泣いてたら絶対に窓を締め切る派だ。
泣き声は支障だろうし、と思います。
けれど前に、うちの客間の先ほどで思う存分幼児がワガママ言って大きな声で泣き叫んでいた事がありました。
横の家の子なので、急遽担いで家の中で泣かせてくれと思ったものです。
うちの方はもっと寝てる年月でしたし支障でした。
も、気にしないヒューマンは必ずや気にしないもので、延々と泣かせていたのが不可解でした。
直ぐ目の前には自分たちの客間があるのに、信じられませんでした。
そういった指導書きを配布しても、そんなヒューマンに限ってそれほど読まないんだよなと思うと溜め息しか出ませんね。

母親といったお子さんでディナー

久しぶりに今日は、次男が台所に一緒に立ってくれごちそうを一緒に作ってくれました。
次男は、本当はあたいから綺麗で野菜をあたいが下回るという、側からずっと細く切ってとダメだしされます。
そういう細かい事をいう次男で、頭に来ますがも、現に野菜を切らせるという細く手際がいいから申し立ても出来ない。
も、次男とごちそうやれる期間なんて、そんなにないので貴重な時間だ。
詳しい指導を言われても、妻において次男はむしろ王子ちゃんだから、どうにもとてもうれしいです。
今度はいつ一緒にごちそう出来るのか、次に次男を料理をする事例が楽しみです。
幼稚園のMusic会
この間、幼稚園の坊やの楽曲会を見に行ってきました。
なんとなく目下までオムツを通じて、ぷりぷりのお尻を振りながら走り回っていた幼児が、一切なと体調を合わせて真剣に小太鼓を叩いています。
こういうキリスト教系の幼稚園に通い出した当時は、給食を頂く前のお礼の「アーメン」も言えなくて「まーまん」と言っていたなぁとか色々思い起こしながら聴いていると、涙が出そうになりました。
依然として6年齢のわが方ですが、坊やってデイリー見ていると気づかないだけで、確実に成長しているんですね。
私も未だにお母さん6年生だ。えーっと20年生で終了出来るのかな?否お母さんに終了は乏しいのかも知れませんが、坊やと共に成長しなきゃなぁなんて見紛う毎日でした。

じぶんの評価

昨年の口コミとなっております。じぶんは引越しをおこなうことが非常に多かったです。じぶんが勤務をして要る会社でありますが、最大手に内訳をされ、全国にストアなどもポジショニングをされております。仕事場の考えで20代の若手働き手のときなどは各種ストアで勤務をしてもらい、何かと力を身につけ、監督やベテラン働き手になったときにじぶんが培った力を通してほしいはであり、異動が発令をなる働き手が非常に多かったです。じぶんも例外ではなく、過去に4回ほど異動が発令をされ、引越しをおこなったことがありました。じぶんが敢行をした先ですが、引越し合間のサカイちゃんとなっております。祭日に引越しをおこないました。大阪府から都内の目黒区です。引越しのチャージなども査定を出してもらい、費用で70000円ほどでありました。区間が区間であるのでチャージはかかても仕方がないと思います。でもこういう値段は堅実であると思いました。よかったです。
消防署の防火防災実習に参加してみて感じた要素
今日は、消防署の防火防災練習に行きました。はじめて行ったのですが、既にたくさんの人が来ていました。火災連絡機を本当に鳴らしてみたり止めてみたり、AEDによってみたり、放水を通じてみたり、消火を通じてみたり、地震出来事を通じてみたりといったドッサリでした。AEDの勉強では電気励みのあと、心臓マッサージもやってみました。至急自動車が到着するまでの十中八九7分間は継続しないといけないから、スタミナをつけておく不可欠を感じました。また、放水練習は、ヘルメットをかぶり、軍手をはめて行なう本格的なもので、消防部員の各所の日頃の御苦労がしのばれました。今後も、機会を見つけて行ってみたいと思います。

イモリの飼育

久しぶりにペットを飼いたくなりイモリを買いました。ホームセンターで480円で売っていたシナイモリだ。赤い腹部に黒い体で結構素晴らしいだ。いまだに慣れていないのか両生類としては押しなべて陸地ですごし囮も依然として食べてくれません。また、トカゲのようにおそらく動きませんので些か心配です。但し、久々の生物なので何となく癒されます。昨年は観葉植物で癒しを求めていましたが、今年は生物関連としていて手間と経費のかからなそうなアニマルを飼育したいと思っています。ペタ、ウーパールーパー、ザリガニ、亀なんぞがいいかなー。いやはや、年を取ると幼子に返っていきますね。
手遅れ調子の動画がいいなと
きのう、GEOで「範囲フィクション?見破られたいんちき」の映像を借りて、見てみた。
結論から言えばおかしい(んだろうという)。
但し
最近はのんびりした感じのビデオのほうが意図になっているので「グランドイルュージョン」はお喋りの推進が目まぐるしく感じた。
理解する前に会話がすすんで仕舞う感覚。
前作を見ていないこともあるのかもしれないが、もっと、始めから見ても、全体がつかめるかどうか?年齢の力不足?
ただし、2タイミング前後で会話を終わせるビデオであればいつしか内容の推進は少なくならのは仕方がないのかも。
お喋りが簡略だったらめまぐるしい推進もついていけたのかもしれない。
ただし、こういう作品はウィザードたちの争いということもあり、あれ?それはどーゆー対応?と思っているうちにどんどん展開するから、僕などは意義がこんがらがる。
ただ、範囲フィクションもののビデオは日常あまりみないたぐいのビデオなので、素晴らしい扇動にはなった。
それに幕開け気づかなかったのだが、敵役のメインの性格の一人はハリーポッターのキャラクターを通していたキッズじゃないか。
適切大人になっちゃって。なかなか効く演技してるし。
子役でもてはやされたキッズ陣は、何かとマジなんて会話を訊くから、おや、頑張ってるんだなって、なぞ、そこに感動したりして。
残り、ホースマンの一人のが、多分、それは両者一役してるのかな?
独りはホースマン。そうして、残り独りはその双子の弟なんだけど敵対する役でなんとなくイカレポンチな感じの入会が何となく良かったなと。
それにしても
最近はのんびりとした手遅れビートのビデオのほうが素晴らしい。
それに、延々と概要的はなるべくはぶいて、見極めるお隣が想像力を膨らませながら見分けるのが嬉しい。
そう言った意味では、喜びの鐘?だったかな、最初から最後まで、キャラクター(寺島進)がどんどんもっぱら歩き回り積み重ねる作品
それは良かった。
賛否両論がちゃんと分けるだろうけど、僕にとっては理想的な最高の作品だった。
また、見てみたい。

仕事の親分とのしがらみで悩んでいる。

自分の事を想ってくれて言ってくれているのはすごい聞き取れるのですが、自分に手狭のか一律悪い人間にとらえてしまうことってないですか?
上役の振る舞いが全ての振る舞いが皆さんを責めているように聞こえてしまい全てが行き詰まりになっています。
如何に第三者にリラックスの心構えを抱けるようになるんでしょうか。
己啓発などにも赴き何かと覚え行ってきてはいるんですがその根本のところがまるっきり改善されないので状況が至ってよくなりません。
「自分のコチラさえ攻略できれば!」という狙うんですが結構ここのところは重いだ。
結果自分に手狭んですよね。皆さんとのアポが大事ですね。
遠くのエアーに意思を馳せて
フライトレーダー24といアプリケーションを知っていますか?
晴れた太陽に空を見上げると、エアーが何機会も飛んでいるのを目にすることがあります。
あのエアー陣は今から何処に出向くのだろうと考えるとわくわくしてきませんか。
僕は、エアーを確かめるのが大好きです。
エアーに乗っているお客は、新婚周遊かもしれないし、習得周遊かもしれない。または、裏手構成周遊かもしれない。大きなビジネスチャンスを得る為に、大都会にかけておるかもしれないし、日々のピリピリした暮らしから離れたくて、雄大な自然に向かっているのかもしれない。それぞれの思いを乗せて、エアーが飛んでいるのだなあと空を見ているとすぐさま瞬間が過ぎていきます。
高所におけるあのエアーはどこに向かっているか。一気に引っかかる時は、フライトレーダーが役に立つのです。
スマホでも、現況で近年飛んでいるエアーが分かるこういうアプリケーション、見始めたら立ち寄りません。パソコン編もあるそうです。
今日も、世界の広さに尊敬しながら、フライトレーダーを見ています。

カテゴリー
お気に入り