いちご狩り

つい先日、急に亭主と共にいちご狩りに行こう!という話になり、2太陽前に実戦にうつしてきました!
いちご狩りに行こうと思い立ったのはよかったのですが、ほとんどいちご狩り経験のない私たちは知見に貧しく、それではネットで何かと調べてみることにしました。すると、誠に人気のある農場では事前予約が必要なところが手広く、いくつかチェックしていた農場は春休み時間ということもあってかがらっとダメでした。残念です。
ので、支度無しも良好という埼玉県内上尾市の農場を見つけ、そちらに伺ってきました。
生涯で2回まぶたのいちご狩りでしたが、予想以上のがたい、甘さのいちご陣に満たされめくりでずいぶん満足な30分間を過ごしてきました!ちょっぴりいちごはいいかな?ってぐらいたくさん頂いてきました。支度なしで通える農場でこういうレベルなのははなはだ感動しました。
今日何かと調べて人気のある農場は支度必須だに関してや、農場によっては練乳だけでなくホイップクリームやアイスクリームまで用意して残るあたりもあったりって、なんだか勉強になりました。後行きこそは本当に事前に調べて行ってみたいと思います!もうすぐ出向く方も少し前から調べて予約していらっしゃることをオススメします!
考え方のチカラ
商売人のある男性が、自分のムスメが用語とか思想に興味があるんだって、訝しげに。
あ、これ、おれも…
と思ったけど、商売人のヤツはそれに否定的な見てくれだったから何も言わなかった。
実績流儀的人から見れば、用語や思想なんて、何の視線の対象にもならないらしき。
但し、「思想」には大きなチカラがある。時としてそれが最初世界中を転覆させることだって。
「思想」は個人の通じる糧になってる。
思想になんか興味がないというひとでという本当はその人なりの「思想」を持っている。
先の商売人の男なら、「キャッシュが全ての」という思想です。
見かけを変えたいという思ったら「思想」を置き換える必要がある。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り